立山・地獄谷歩道の通行止め及び現道(エンマ台~大日展望台)の通行注意について

中部山岳国立公園立山・地獄谷では、火山ガスの変化と噴気活動の拡大活発化により、火山ガス中毒の事故発生リスクが高まっていることから、平成23年度から地獄谷内の歩道を通行止めとしています。

また、地獄谷周辺の現道(エンマ台~大日展望台)についても、風向きや天候によって火山ガスの濃度が高くなる場合があるため、通行の際は水で濡らしたタオルを口に当てるなどの対策を行い、注意をして通行して下さい(リーフレット参照)。

なお、積雪期は、立入禁止区域等が分かりにくい場合があります。ターミナルや山小屋に掲示されているポスター等をよく確認して下さい。

火山ガス注意範囲

火山ガス通行注意(H26リーフレット)[PDF 1.9MB]

現道(エンマ台~大日展望台)通行における注意喚起看板[PDF 1.5MB]

問い合わせ先

松本自然環境事務所(電話0263-94-2024)

立山自然保護官事務所(電話076-462-2301)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 妙高戸隠連山国立公園誕生イベント実施中(リンク)
ページ先頭へ