国立公園・世界自然遺産地域

国立公園・世界自然遺産地域

国立公園

日本を代表する風景地として、自然公園法[法律データ提供システム]に基づいて、環境大臣が指定し、国(環境省)が管理します。国立公園は全国に30箇所指定されています。

公園計画と管理計画

  • 各国立公園においては、道路や園地などの公園施設の配置について、また開発や過剰な利用から保護するための規制の強弱について定められています。このように定められた計画を「公園計画」と言います。
  • さらに各国立公園の特徴に合わせ、その国立公園をどのように管理(景観の保全や利用者の指導など)していくのか、また規制された行為に対する許可基準などを定めた「管理計画」があります。
  • 制度の詳細については「国立公園の制度について[国立公園ページ]」をご覧ください。

国立公園に関する各種検討会

その他国立公園に関する情報

アクティブレンジャー日記
中部地方環境事務所管内で活動しているアクティブレンジャー(自然保護官補佐)が、日々の業務から考えたことや国立公園の旬な情報などを日記形式でお伝えします。

  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 妙高戸隠連山国立公園誕生イベント実施中(リンク)
ページ先頭へ