緊急情報

2015年06月11日

浅間山の火口周辺規制について(浅間山火口付近以外は、通常通り観光することができます。)

平成27年6月11日に浅間山の噴火警戒レベルが1から2に引き上げられました。それに伴い、警戒範囲が『火口付近立入禁止(火口から500m以内規制)』から『火山周辺立入禁止(山頂火口から概ね2km立入禁止)』に変更されました。

この警戒範囲の拡大を受け、平成27年6月11日より、賽の河原分岐点から前掛山に至る登山道が通行止めとなっています。

(以下、気象庁地震火山部発表 抜粋)

~浅間山の活動状況:火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)~

〇火山活動の状況及び予報警報事項

 浅間山では、4月下旬頃から山頂直下のごく浅いところを震源とする体に感じない火山性地震が多い状態が続いています。
 また、二酸化硫黄の放出が増加しており、その放出量は6月8日の観測で1日当たり500トン、本日(6月11日)の観測では、1700トンと急増しています。
 これらのことから、浅間山では火山活動が高まっていると考えられ、今後、火口周辺に影響を及ぼす小規模な噴火が発生する可能性があります。

〇防災上の警戒事項等

 火口から概ね2キロメートルの範囲では弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒してください。
 登山者等は地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないでく
ださい。
 また、風下側では降灰及び風の影響を受ける小さな噴石に注意してください。

<詳細は下記をご覧ください>

○気象庁HP(火山登山者向けの情報提供ページ)

http://www.data.jma.go.jp/svd/vois/data/tokyo/STOCK/activity_info/306.html

○観光庁HP(トピックスのページ)

http://www.mlit.go.jp/kankocho/topics04_000034.html

  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 妙高戸隠連山国立公園誕生イベント実施中(リンク)
ページ先頭へ