環境省ちゅうぶ環境メールマガジン コラム(第21号)

特定非営利活動法人稲沢ゴミ0協議会の活動について

特定非営利活動法人稲沢ゴミ0協議会 事務局長 山川幹子(やまかわ みきこ) 氏

平成4年、小さな市民グループが提唱・実践したリサイクルステーション(資源回収拠点)活動がきっかけとなり、平成5年5月30日(ゴミゼロの日)に、市民・企業・行政が一体となった「稲沢ゴミ0会」を設立し、平成15年には、組織強化と更に幅広い活動をめざして特定非営利活動法人資格を取得し「特定非営利活動法人稲沢ゴミ0協議会」と名称変更しました。
昨年度の会員数は、個人・団体・企業・行政を含めて376で、ゴミの減量・3R推進・省資源・省エネルギーなど、地域環境保全活動を進めると同時に、循環型社会に向けた種々の活動を展開し、地域環境力の強化をめざしてきました。
毎年の年間事業としては、リサイクルステーション(年間3~4回)、フリーマーケット(年間2~3回)、ゴミ0フェアいなざわ、リサイクル見学会、地域と連携した各種啓発活動(稲沢夏まつり、稲沢まつり、福祉まつり)などを継続して行っています。
また、「追随ではなく、新たな提言と実践」をめざして、毎年次のようなテーマ事業を行ってきました。

  1. 1.「リサイクルマップ稲沢」発刊(平成7年度)
  2. 2.ごみ減量推進店(エコショップ)制度創設(平成8年度)
  3. 3.「リサイクルボランティア大学」(平成9年度)
  4. 4.「生ごみリサイクルサミット」(平成10年度)
  5. 5.「リサイクル懇談会 ~マイバッグで買い物を~」(平成11年度)
  6. 6.「親子エコクラブ教室」(平成12年度)
  7. 7.オリジナルマイバッグ作り(平成13年度~)
  8. 8.「設立10周年記念シンポジウム」(平成14年度)
  9. 9.特定非営利活動法人資格取得記念「リサイクル懇談会」(平成15年度)
  10. 10.「リサイクル懇談会 ~菜の花プロジェクトって何?~」(平成16年度)
  11. 11.「ごみゼロ推進中部地区大会」出展参加(平成17年度)
  12. 12.「リサイクル懇談会 ~愛・地球博からみた環境教育~」(平成17年度)
  13. 13.「3R推進全国大会」出展参加(平成18年度)
  14. 14.「心つつんで ふろしき展」(平成19年度)

16年間、種々の活動を進める中で、常に念頭においてきたことは、地域の人々と情報を共有しながら、地域に根ざした活動であることでした。
今後も、「地域が人をはぐくみ人が地域をつくる」という基本理念を大切に、環境問題に心のエネルギーを燃やし、実践する人づくりをめざしたいと考えています。

メールマガジンTOPへ戻る

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 近畿自然歩道フェイスブック(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
   
中部カンファレンス(リンク) 
EPO中部(リンク)
エコアクション21(リンク)
  
伊勢志摩国立公園指定七十周年(リンク)
  
伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター(リンク)
国指定鳥獣保護区・ラムサール条約湿地 藤前干潟 ~人と自然をつなぐ翔橋~(リンク)
ページ先頭へ