ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2018年5月

18件の記事があります。

2018年05月19日* 乗鞍岳山開き祭 *

丸山由起子

乗鞍からこんにちは。

 

5月15日、平湯バスターミナルとほおのき平駐車場で、乗鞍スカイラインのシャトルバスの

出発式が行われ、

  

乗鞍畳平にある乗鞍本宮では乗鞍岳山開きの式典が開催されました。

  

鏡割り後には高山市の國島市長もお酒を振る舞われていましたよ。

残念ながら公務中ですので私は飲めません。。。。

 

奥飛騨温泉郷(おくひだおんせんごう)福地温泉(ふくじおんせん)の「へんべとり」という

獅子舞いも披露されました。

 

雪に閉ざされた長い期間が終わりを告げ、標高2702mの乗鞍畳平までシャトルバスやタクシーで

行くことができます。

バスからでもこんな景色を見ることができますよ!

 

「開通を待ってました!」とばかりに、自転車で上がる方々もたくさんいました。

乗鞍スカイラインは日本一の高度を自転車で走れる道なので、自転車乗りの人たちに大人気です。

 

残雪の多かった昨年と比べると低いですが、まだ雪壁を見ることができます!

  

鶴ヶ池はこんな状態↓で、残雪が絵になります。

 

乗鞍岳山開き祭の日、ほおのき平では夏のような暑さでしたが、乗鞍畳平へ上がると午前10時で

8℃という下界の暑さを忘れる涼しさで別世界でした。

 

残雪の畳平の風景を楽しみに乗鞍へお越しください!

※ お花畑はまだ雪の下なので高山植物が咲くのはまだ先です。

お花畑の開花が始まるのは例年7月中旬頃ですが、年によって早まったり遅くなったり

しますので、詳しくは飛騨乗鞍観光協会のwebサイト等をご参照ください。

「飛騨乗鞍観光協会HP」  http://www.hida-norikura.com/

「乗鞍岳/乗鞍スカイライン公式サイト」(飛騨乗鞍観光協会) https://norikuradake.jp/

ページ先頭へ↑

2018年05月18日第1回、ロングトレイル踏査@野尻湖

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

5月15日(火)、待ちに待ったロングトレイル踏査を実施しました!!!

 

妙高戸隠連山国立公園連絡協議会では、より深く皆様に国立公園の魅力を伝えるため、

ロングトレイルの設置を検討しています。

(これまでの検討の様子はこちら

 

この構想では、長野駅と笹ヶ峰をつなぐ「南北ルート」と、

信越トレイルと塩の道をつなぐ「東西ルート」の2本のルート検証を行っています。

 

 

第1回は東西ルートの踏査です。

信越トレイルの起点である"斑尾山頂"からどのように野尻湖へ向かうか。

野尻湖の南側を通るルートを歩きました。

 

まずは釜石山分岐から荒瀬原林道へむかって歩きます。

さっそく一目五山の鉄板ビューポイント!北アルプスもばっちりでした。

01歩き始め 02鉄板ビューポイント

 

林道のショートカットルートがないか、道なき道へGO!

で・も!足下注意!イワカガミやチゴユリが満開です(^▽^*)♪

03道なき道へ・・・ 04足下注意!イワカガミ満開!

 

藪こぎも終わり、林道へ出てきました。

なんだか不審者っぽいです。笑

05林道へでます 06不審者・・・

 

林道を歩いていると、カエルやトカゲが沢山顔を出してくれました!

暖かくなってきている証拠ですね♪

07アマガエルがこんにちは 08トカゲもこんにちは

 

地面の固い車道が終わると、次は「象の小径」に入ります。

09ゾウの小径はきもちいいぞう 10ゾウの小径の入口

 

象の小径にはベンチがあり、湖を見ながら座ってお弁当を食べました。

途中には「ソンマ窪湾」という湖に接近できる場所も!穴場です♪

11お昼ご飯をまったり 12ソンマ窪湾

 

そうこうしていると、ナウマンゾウのモニュメント出現!

このモニュメントには1つ1つストーリーがあります(マップもあります)。

13鳥とゾウ 14湖畔のモニュメント

 

象の小径を抜けて、湖畔を歩く道にでます。

この日は妙高山がキレイに見えていました♡

15妙高山もばっちり 16巨大アヒルさんの横を・・・

 

歩くこと約12km、野尻湖小学校跡地でFINISH!

17ラスト! 18野尻湖小学校跡地でFINISH

 

今回の歩いた道は、森の中を歩いたり、湖畔を歩いたり、

景色が変わってとても気持ち良いルートでした(^▽^)♪

 

この踏査を皮切りに、ロングトレイル調査ばしばししていきます!

ご興味ある方はぜひ一緒に歩いてみませんか?

ページ先頭へ↑

2018年05月17日ハイシーズン突入!

妙高戸隠連山国立公園 戸隠 アクティブレンジャー 前田久美子

5月14日(月)、戸隠高原を美しくする会で、

戸隠地域の清掃活動を実施しました。

 

みなさんが戸隠で気持ち良くすごせるよう、毎年2回実施しています。

01戸美会ごみひろい

 

とはいっても・・・最近は利用者の皆さんのマナーも良く、

ゴミはほとんど落ちていません。

02ゴミはないけど・・・

 

というわけで、外来植物であるハルザキヤマガラシの除去を行いました!

大漁です(;´Д`)120㍑の袋と60㍑の袋がいっぱいになりました・・・。

03ハルザキヤマガラシはいっぱいTT

 

午後は、長野工業高等学校の皆さんと一緒に

飯縄山で実施する課題研究の下見を行いました。

04長工生と一緒に下見

 

課題研究では「安価で誤カウントの少ない登山者カウンター」の開発を検討しています。

今年度、どこまで取組を前進させられるか楽しみです(^▽^)♪

 

さらに!この取組には株式会社アソビズムさんも興味津々!

お知恵を貸していただけるとのこと!!!

05アソビズムさんとも打合せ

 

なんだか面白いことになってきました・・・!

グリーンシーズンに突入して慌ただしくなってきた感はありますが、

楽しく面白く、進めていこうと思います!!!

ページ先頭へ↑

2018年05月16日藤前干潟のシーズンがやって来ました!

国指定藤前干潟鳥獣保護区 西部理恵

みなさま、藤前干潟からこんにちは。

ご無沙汰しておりましたが、アクティブ・レンジャーの西部です。

4月に入ってからバタバタしており、なかなかAR日記を書けなかったのですが、

そんな中でも、巡視の際には写真をパチパチと撮影しておりましたので、藤前干潟の近況をお伝えしたいと思います!

名古屋自然保護官事務所からのお知らせもありますので、チェックしてくださいね!

藤前干潟 オオヨシキリ

<5月16日 オオヨシキリ:この場所がお気に入りなのか、何度もとまってアピールしていました>

藤前干潟 アシハラガニ

<5月16日 アシハラガニ:まだ小さなアシハラガニを発見!>

4月から5月の藤前干潟は、春の渡り鳥飛来シーズンで干潟がにぎやかになるのと同時に、土の中でじっとしていた生きものたちも起き出してきて、いろんなところで生きものの息吹を感じる季節でもあります。

4月の中頃、新しく着任した山﨑ARに巡視をかねて藤前干潟鳥獣保護区を紹介して周っていたところ、動き始めたトビハゼにも遭遇。しばらく観察していると、リラックスしている雰囲気だったのに突然、気配を察したのか巣の中へダイブっ!

トビハゼのジャンプ力ってほんとにすごい!と感動しました。

藤前干潟 トビハゼ 藤前干潟 トビハゼジャンプっ

<4月18日 トビハゼ:リラックスムード(左)、、、からの、ジャ~ンプっ(右)>

生きもの達を観察するのはとても楽しいですね。

時間を忘れて見入ってしまいます。

これからの季節は熱中症も心配になる季節ですから、もしも屋外で生きもの観察をされる方は、十分な準備をしてお出かけくださいね。

ちょっと暑いのは・・・と言う方は、ぜひ、藤前活動センター、稲永ビジターセンターへ!

両センターには、生きもの水槽の展示もありますし、センタースタッフの解説も聞けますよ。

藤前活動センターでは、ただいま、写真家の戸塚学氏による写真展も開催中です。

私の個人的なイチオシは、藤前活動センター外にある舟水槽!

観察会などで採取した生きものの一部をこちらに入れて、干潟観察会などに参加できない方にも知ってもらえるよう展示してあります。

藤前活動センター 藤前園地

<戸塚氏写真展会場>             <外には気持ちの良い園地>

藤前活動センター 船水槽

<私のイチオシ!舟水槽!>

●そのほか、藤前干潟からのお知らせ

1.環境省レンジャー写真展2018 中部の自然

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

伊勢志摩国立公園、白山国立公園、国指定藤前干潟鳥獣保護区で 働く環境省職員「レンジャー」と「アクティブ・レンジャー」が、日々仕事の中で目にする美しい自然を写真で紹介します。

 日 時:平成30年6月1日(金)-7月1日(日)

 場 所:碧南海浜水族館・碧南市青少年海の科学館 1階スロープ(愛知県碧南市浜町2番地3)

 入場料:無料

 問合せ:環境省 名古屋自然保護官事務所(TEL:052-389-2877)

レンジャー写真展チラシ

2.環境省レンジャー写真展2018 レンジャー来場日のお知らせ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 レンジャー写真展開催期間中の1日だけですが、レンジャーが来場します!

 この日には、藤前干潟の生きものちぎり絵ワークショップも実施しますよ。

 日 時:平成30年6月24日(日)

     1回目:11:00~12:00、2回目:13:30~14:30

 場 所:碧南海浜水族館・碧南市青少年海の科学館(愛知県碧南市浜町2番地3)

対 象:一般(幼児~大人)

 参加費:無料

3.藤前干潟ふれあい事業

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎年、藤前干潟ふれあい事業実行委員会(事務局:名古屋市)が実施している藤前干潟ふれあい事業では、年間を通して、藤前干潟はもちろんのこと、干潟に関わる文化や歴史など、様々なテーマの学びがあります。

我々名古屋自然保護官事務所は、3回、講座を担当します!

ぜひ、今年も皆さま、ご参加ください。

藤前干潟ふれあい事業のHP:http://www.city.nagoya.jp/kankyo/page/0000088964.html

藤前干潟で、皆様にお会いできるのを楽しみにしています!

ページ先頭へ↑

2018年05月14日新緑@上高地

中部山岳国立公園 佐藤怜子

上高地にも一足遅れて新緑の季節が訪れました。

ヤナギの若葉、カラマツの若葉、シラカバの若葉、みなそれぞれ違います。

足を止めてゆっくり見てみると素敵な発見があるかもしれません♪

【カラマツの若葉】

【ケショウヤナギの若葉】

【シラカバの若葉とカラマツの若葉の窓~穂高を望む~】

【若葉の道~その先には焼岳~】

木々の緑を眺め、鳥のさえずりを聞き、ゆったり上高地を散策するのもいいですね☆

ページ先頭へ↑

2018年05月14日大峰山開山式

上信越高原国立公園 谷川 荒井 歩

5月1日に大峰山山開き登山者安全祈願祭が行われました。

大峰山は群馬県利根郡みなかみ町にある、標高1255mの山です。

標高が低めなこともあって、大峰山はすっかり新緑に包まれていました。

祈願祭の会場まで歩いている途中、水たまりの中になにやら白い物体を見つけました。

おもち・・・?白玉・・・?

これは、クロサンショウウオの卵です。産卵から4~5週間でふ化そうなのでそれまで頑張ってほしいです。(水たまりの水はもう少しで干上がりそうでした・・・)

祈願祭は吾妻耶山の山頂で行われました。

山頂には石の祠が3つも!昔の人はこれをどうやって運んだのでしょうか・・・?想像が膨らみます。

3つの祠にはそれぞれ近隣の地域の名前が書いてありました。

登山者の安全が祈願され、開山祭は無事執り行われました。

吾妻耶山からは谷川岳がよく見えました。もっと天気のいい日には苗場山や武尊山もはっきり見えるそうです!

ツツジ、カエデ、アジサイと季節ごとに楽しめそうな植物が生えていたので何度も来てみたくなる山でした。吾妻耶山、大峰山にぜひお越しください!

追記:吾妻耶山・大峰山に登る際は、ヒル対策をしっかりして下さい。

ページ先頭へ↑

2018年05月14日万座しぜん情報館オープン!

上信越高原国立公園 万座 小林 直樹

はじめまして。

4月に万座自然保護官事務所のアクティブ・レンジャーに着任しました小林直樹です。

よろしくお願いします。

さて、上信越高原国立公園の万座地域に、環境省が整備した「万座しぜん情報館」が5月12日(土)にオープンしました!

「万座しぜん情報館」は、草津白根山を中心とする火山とその周辺の温泉や池沼、動植物などの自然環境に関する情報提供等を目的とした、国立公園利用のための拠点施設です。

建物は木造平屋建てで地元の木材や石をふんだんに使用しており、周辺の高山植物や地層、トレッキングコース等を紹介するコーナーが設置され、火山ガスが岩から噴出する「空吹」を見学できる展望テラスもあります。

【看板】

オープン当日には、環境大臣政務官や町村長をはじめとする関係者を招いた式典が行われました。天気にも恵まれ、無事にテープカットまで執り行うことができました。その後の内覧会では一般の利用者も多数訪れ、石塚徹館長の説明を熱心に聞いていました。

【テープカットの様子。嬬恋村のゆるキャラ「嬬キャベちゃん」も一緒です。】

【火山ジオラマ。火山の地下内部を見ることができます。】

館内には暖炉や本棚も設置されており、ベンチでゆっくり本を読みながらバスを待つこともできます。

【暖炉とベンチで癒されます】

また多目的ホールでは、館長が企画した各種展示や環境省のアクティブ・レンジャー写真展も実施しています。

【クロサンショウウオの飼育展示。名前を募集中です!】

【アクティブ・レンジャー写真展も開催中(~71日(日)まで)】

今後も、館長による自然観察ツアー「わくわく万探(マンタン)ツアー」や新たな企画展等、季節に合わせた様々なイベントが計画されています。

皆さん、ぜひ「万座しぜん情報館」に遊びにいらして下さい!

ページ先頭へ↑

2018年05月14日* 播隆祭(ばんりゅうさい)北アルプス飛騨側開山祭が行われました *

中部山岳国立公園 丸山由起子

5月10日に奥飛騨温泉郷(おくひだおんせんごう)新平湯温泉の村上神社境内で

山岳、観光関係者などが出席し、播隆祭が行われました。

 

播隆祭の「播隆」とは念仏行者の播隆上人のことで、笠ヶ岳登山道の開拓や槍ヶ岳を開山した人です。

播隆祭はこの播隆上人の偉業を讃え、また、雪深い奥飛騨に春の訪れと登山シーズンの幕開けを

告げるとともに、登山者の安全を祈願するものです。

 

この神事は、播隆塔の普段は閉じられている扉が開かれる貴重な時でもあります。

 

神事の終了後には、笛や太鼓の音に合わせて奥飛騨温泉郷・福地(ふくじ)民芸同好会による

「へんべとり」という獅子舞と、福地若連中による鶏芸という舞いが奉納披露されました。

どなたでも自由に観覧できますので、ぜひ来年の播隆祭にご来訪ください。

 

<鶏芸>

ページ先頭へ↑

2018年05月11日七ツ島に行ってきました。

白山国立公園 白山 鈴木 政裕

みなさん、こんにちは。

先日の423日に能登半島の輪島から約25km沖にある七ツ島にいってまいりました!

七ツ島は「国指定鳥獣保護区」に指定されています。

「国指定鳥獣保護区」とは鳥獣の保護管理を目的に国によって指定された区域のことです。

七ツ島は、以前に大石ARが日記で紹介した「オオミズナギドリ」という鳥の集団繁殖地となっており、

彼らの生息地を守るために環境省では様々な試みを行っています。

そして今回もその試みの1つ。ある生物の痕跡調査です。

みなさん、外来種という言葉を聞いたことはありますか?

外来種とは元々いなかった地域に人為的な理由で他地域から入ってきた生物たちのことです。

身近なものでいえばアメリカザリガニやミシシッピアカミミガメなどがそれにあたります。

良く勘違いされますが外来種は外国から入ってきた生物だけを指すわけではなく、たとえば本州にしかいない生物が沖縄で繁殖しても外来種という扱いになります。

そしてこの外来種が全国的に問題になっております。

「様々な生き物がいる方が良いんじゃない?」と思う方もいるかもしれませんが、生態系とは在来の生物たちの絶妙なバランスによって成り立っており、外来種と役割や生息場所が被った在来種が追いやられてしまったり、在来種が食べられてしまう等、そのバランスが用意に壊されてしまうことがあります。

今回はそんな外来種たちの調査に行ってきたのでした。

調査対象となる外来種はアナウサギです。

アナウサギは約30年前に人の手によって持ち込まれたものが繁殖してしまったものです。

さて、彼らがいることで七ツ島にどういった影響が起こるでしょうか?

影響1.【オオミズナギドリの繁殖の場を奪ってしまう!】

七ツ島の地面は無数の穴が空いています。

(地表に空いた無数の穴)

この穴はオオミズナギドリが巣穴として利用しており、同じく巣穴を必要とするアナウサギとの競合が起こってしまい、オオミズナギドリの繁殖が困難になります。

(負傷したオオミズナギドリ)

影響2.【在来の植物が食べられ、土壌が流出してしまう!】

アナウサギが島の植物を食べる事によって裸地化してしまい、そこから雨や風の影響で土壌が流出してしまいます。

以上のように、様々な影響が起こります。

環境省では、これらの対策としてアナウサギの駆除を行ったり、植生復元マットを設置しています。

彼らは好んでこの場所に来たわけではないけれども、

一度外来種が入ってしまうと、場合によってはとても大きな影響がでてしまう、

今回の調査はそのことを改めて実感できました。

最近はペットを飼いきれずに逃がしてしまう人も多く、逃がした生物が在来の生態系を脅かす事も確認されています。

今ペットを飼っている方、または飼おうと思っている方は、命に対する責任をもって、最期まで大事に飼育してあげてください。

※七ツ島は許可が無ければ上陸できません。

ページ先頭へ↑

2018年05月10日上高地で「アクティブ・レンジャー写真展」開催中!

中部山岳国立公園 佐藤怜子

上高地では、木々が徐々に芽吹き始めました。

連休は終わりましたが、本日も河童橋周辺はにぎわっておりました!

さて、新緑の季節を迎えつつある上高地で「平成30年度アクティブ・レンジャー写真展」を開催しております。

美しい景色や植物に加え、我々の仕事の様子を伝える写真やパネルを40点ほど展示しています。

【展示会場の様子】

【来場者の様子】

写真についてお話されながら、ゆっくりと見て下さる方もいます。

開催者としては嬉しいかぎりです(^^)

【クイズも人気です】

写真の他に、上高地に関係するクイズコーナーを設けました。

この日は、仲良し兄弟がクイズに挑戦していました! 全問正解したかな?!

〔会場〕上高地インフォメーションセンター2階

〔会期〕4月23日~5月27日(無休)8:00~16:00

新緑と併せて、写真展を楽しみに上高地へ遊びにいらして下さいね☆

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ