ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年05月30日貝のお散歩

国指定藤前干潟鳥獣保護区 西部理恵

皆さん、こんにちは。

暑かったり、ちょっと肌寒かったりする今日この頃ですね。

最近の藤前干潟は、穏やかでのんびりした雰囲気です。

藤前干潟のおしゃべりな鳥たちは、

ほとんどみんな、たっぷりご飯を食べて、旅立ちました。

今頃は、どの辺りを飛んでいるのでしょうか。

鳥たちが旅立った後の藤前干潟は寂しい、と思いがち。

でも、干潟観察の心得は、なんと言っても、じっと静かに干潟を観る!



さぁ、そんな心得を会得している(?)私は、こんな生き物を発見。

藤前干潟 フトヘナタリ

別の場所でも。

藤前干潟 フトヘナタリの足跡

藤前干潟の上にコロコロと転がっているこの貝。

転がってる、なんて言ったら怒られるかも。

干潟の上をよ~く見てみると、

歩いた跡(移動の跡)がくっきり(わかりますか?)。

のそのそ歩いて散歩でもしていたのでしょうか。

貝ってこんなに動くの?!と驚きます。

●干潟の貝【フトヘナタリ(フトヘナタリ科)】

環境省 準絶滅危惧種(NT)

乾いたところが好きでヨシに登ったりするらしいのですが、

私はまだ見たことがありません!

よじ登っているところ、絶対可愛いですよね。見てみたいです!



●おまけ カワザンショウガイ類の2段のせ

カワザンショウガイ類の2段乗せ

干潟の貝の中でも、私にはとても種を同定することが出来ない貝の一つ。

カワザンショウガイの仲間たち。

山椒の実くらい小さい体なので、何か落ちてるなぁという程度の認識しか

もたれない。けど、よく見るとこんなお茶目な姿が見られます♪



皆さん、干潟に興味が沸いてきましたか??

これからの季節は干潟に入る絶好の季節。

渡り鳥たちはみんな旅に出てしまいましたが、

こんな小さな住人たちに会いに、干潟に来てみませんか。



●藤前干潟に関するイベント

1)干潟の世界へのはじめの一歩~カニ編~
干潟の生きものの代表格カニ。はじめて干潟に入る人でも

安心して楽しめる観察会です。干潟の世界への導入編。

 日 時:平成28年6月19日(日)
 場 所:稲永ビジターセンター(名古屋市港区野跡4-11-2)

 定 員:20名(10日前より受付、先着順)
 参加費:おとな200円、小中学生100円、幼児無料
 主催等:環境省中部地方環境事務所
     藤前干潟ふれあい事業パートナーシップ事業
 申込み・問合せ先:稲永ビジターセンター(TEL:052-389-5821)



2)第2回 藤前干潟ふれあいトーク「受け継がれた地域の技と知恵~湿地と人の暮らし~」
日本国際湿地保全連合事務局長の佐々木美貴さんから、湿地と

人々の暮らしやそれぞれの地域で受け継がれてきた文化につい

てのお話しをお聴きします。

 日 時:平成27年6月15日(水)18:30~20:00
 場 所:ウィンクあいち906号室(愛知県産業労働センター)

 申込み:当日 先着40人
 問合せ:藤前干潟ふれあい事業実行委員会事務局(名古屋市環境局環境活動推進課)

     TEL:052-972-2662
     MAIL:a2662@kankyokyoku.city.nagoya.lg.jp(@は半角にしてください)

 詳 細:http://www.city.nagoya.jp/kankyo/page/0000067134.html

ページ先頭へ↑

ページ先頭へ