ACTIVE RANGER

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

中部地方環境事務所のアクティブ・レンジャーが、活動の様子をお伝えします。

RSS

2016年04月22日最近の藤前干潟と藤前干潟ふれあい事業のこと

国指定藤前干潟鳥獣保護区 名古屋 西部理恵

こんにちは。

新しい年度がスタートし、41日には新年度1回目のAR日記を書こうっ!

と気合いを入れていたのですが、いつの間にやら4月の後半に突入してしまいました。

こんな風にバタバタと毎日を過ごしている藤前干潟のアクティブ・レンジャー西部です。

今年度も、どうぞよろしくお願いいたします。



ということで、さっそく最近(ちょっと前!)の藤前干潟情報をお届けしましょう。

冬の渡り鳥たちが次々と旅立って行き、

春の渡り鳥たちがなかなか到着せずやきもきしたのですが・・・

最近はハマシギやチュウシャクシギなどが姿を見せるようになってきました。

まだシャッターチャンスに恵まれていないので、次はぜひAR日記用に狙いたいなぁと思っています!

藤前干潟 夏羽に変わりつつあるカンムリカイツブリ

夏羽に変わってきているカンムリカイツブリ



少しずつ賑やかになってきた干潟ですが、稲永ビジターセンターも賑やかな催しが増えて来ました!

4月の始め、49日(土)には、今年もスタートした藤前干潟ふれあい事業の第一回目、ふれあいトーク「名古屋港水族館飼育員さんのお話を聞こう!」がありました。

名古屋港水族館の飼育員、春日井隆さんが沢山の荷物を持って稲永ビジターセンターに登場。朝ガーデンふ頭で採取したという生きものたちもいました!

藤前干潟や愛知県各地の干潟、アマモ場の生きもの、名古屋港水族館で飼育している生きもののことなど、沢山の話を聞くことが出来ました。

名古屋港水族館飼育員の春日井氏

名古屋港水族館 飼育員の春日井隆さん

名古屋港水族館のオープン当時からいらっしゃるという大ベテラン。



さて、藤前干潟ふれあい事業では、1年間をとおして藤前干潟のことがわかる、藤前干潟に触れて楽しめるイベントが行われますので、ぜひご参加ください。

藤前干潟ふれあい事業

●直近の藤前干潟ふれあい事業パートナーシップ事業

 5月7日(土)藤前干潟生きものまつり

ぜひ藤前干潟に遊びに来てくださいね!

ページ先頭へ↑

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

ページ先頭へ